農園紹介

合同会社テラル真名川では、稲作・畑作(野菜等)の農作物の栽培をしています。

ネギ、上庄里芋、ブロッコリー、水稲、キャベツ等、その1年の自然環境に合わせて様々な農作物をお作りしています。

食の安全を最優先に!
高品質を目指す土作り!

以前携わっていた、油分解菌を使用した設備開発の経験を活かし、有機農法に取り組み、大地(テラル)の恩恵を最大限有効活用する。

生産物の品質は元より、機械設備の開発納入・生産ライン立上げ経験を活かし、生産性の向上を図り、安定的な価格の確保を目指す。

 テラル真名川      食の安全を最優先に、高品質を目指す土作り

農業ビジネスの在り方を見つめ直す

お客様に安心して食していただけるよう、化学肥料・農薬の使用を低減すべく、健全な土作り(大気・太陽光・水の有効利用)を目指す。

この自然豊かな、真名川の土地にふさわしい農産物を生産できるよう日々努力していきます。

平成31年作付内訳

・越冬ネギ 0.6ha  ・春採ブロッコリー 1.2ha   ・コシヒカリ 8.5ha  ・上庄里芋 1.2ha
・夏秋ネギ 3.0ha  ・秋採ブロッコリー 0.6ha   ・ハナエチゼン3.5ha  ・雪ノ下キャベツ0.3ha

生産物紹介

上庄里芋

上庄里芋

上庄真名川水系の恵み

硬くて煮崩れしない、栗のような食感

ネギ

越冬ネギ・夏秋ネギを主力に生産

品種    ホワイトスター

夏扇パワー

夏扇4号

ブロッコリー

初夏と晩秋に採れる健康食材

夏はマヨネーズ・ドレッシング等で

冬はシチューにお勧めです。

水稲

今季より、水稲の作付開始

品種  コシヒカリ(中生)

ハナエチゼン(早生)

キャベツ

今季念願だった、雪ノ下キャベツに挑戦!

 

農業へのこだわり

合同会社テラル真名川では、食卓へ安心・安全な農作物をお届けすることをお約束します。

”福井県上庄産”には作物を育てるためのとても恵まれた自然環境があります。
清らかな水(真名川水系)や豊かな土壌、また、気候は昼夜の寒暖差が大きく、野菜に旨みや甘みを蓄えやすくなっています。
当農園では、そういった恵まれた環境で育てた野菜を「皆様により安心して美味しく食べてほしい」という思いからこだわった野菜作りをしております。

農業へのこだわり

当農園とお取引をお考えの方 !

当農園とお取引をお考えの方はお気軽にご相談ください。

自然の恵みを活かした安心・安全や農作物をお作りし出荷しています。

愛情込めてお作りした農作物を是非、お取り扱いください。